スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

保定鉄球

武術とは関係なさそうですが、こんな中華アイテムが出て来ました。

保定鉄球

20年ほど前に横浜中華街で買った「保定鉄球」です。10年以上荷物の奥に仕舞われていたんですが、メッキの質が良いのか錆びもせずに程度良好なまま再発見されました。

保定鉄球 

保定鉄球 風のように
http://sydcool-wind.cocolog-nifty.com/blog/2007/08/post_c0ab.html

こちらとは、箱のラベルが違いますけど同じ物のようです。

81.健身球 [まぐまぐ!] より引用
http://archive.mag2.com/0000081627/20071119001000000.html

健身球は中国明代(1368-1644)から伝わる健康法です。
健身球制作の代表地は河北省保定市が有名で、保定の工芸職人が作ったと記されています。 最初は鉄の球でしたが、後に中空にして高低の音響板を入れるようになりました。
中医学によれば十指は脳神経をはじめ五臓六腑に繋がり、健身球を掌の上で動かして各ツボを刺激することにより血液の流れを良くし、筋肉や骨の増強、精神集中、また、高血圧や慢性病の予防効果が得られるといわれています。
 


というようなモノなんだそうです。買ったときに、店員さんから聞いたような記憶もあるんですが、かなり忘れてました。「保定鉄球」っていうのはブランド名だったんですね、一般には「健身球」と言うようです。
手の中に持って転がすと、「カランカラン」と涼しげな金属音がして愉しいんですよね。これをグルグルと動かして、頭脳と指先にシゲキを与えたいと思います。いや実際、指先の動きの訓練になって、剣の扱いなども巧くなりそうな気がします。 

保定鉄球 

保定鉄球 
グルグル~カランコロン。。。

「功夫球」とも呼ばれているみたいですけれど、武術のカンフーというより「トレーニング」という方面の意味合いを持った、広義のカンフーの意味合いなんでしょうね。



スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

武器屋

格闘技用品 武道具用品 格闘技プログッズショップ イサミ
太極拳用具・カンフーグッズ販売 中国武術プロショップ・jp.武縁堂
太極拳の武具・武器の通信販売 中国武術 太極拳教室 『オリエンタルドラゴン』
中華伝統兵器文物芸術坊

こういうお店って、なんか「武器屋」って感じでイイよね!
せっかく買ったんだから装備しなきゃな」なんて、店のオヤジさんが言ってくれそう・・・って「ドラゴンクエスト」かよ!

いや、日本の街なかで装備していると、こうなりますから。

イサミの刀が良いかなぁ、とか。そして、今は使い方を知らなくても将来は使えるようになってみたいもんです。さらには長器械もいつかは・・・!
も見ているだけで欲しくなってきますよ~、おっと危ない危ない(笑)。

長拳もそうですけど、近場でじっくりと習えないだけに、短期集中でどこかへ出掛けて習いたいなぁ。合宿免許ならぬ、合宿道場って無いものかしらん?年に2~3回でも収穫はあると思うんですよね。

なんてwebで見ていたら、実際の品物について先達からの評価もいろいろと耳にしました。買う前に評価は聞いてみるもんですねぇ。持つべきは、先生や仲間ということかもしれません!(^^

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

塞門刀車

 武器と防具中国編 武器と防具〈中国編〉 (Truth In Fantasy)

TRPGな方々には特におなじみのシリーズかもしれませんが、Truth In Fantasy(新紀元社)の「武器と防具 中国編」を久々に読んでみると、数々の武器(特に短器械)が少しばかり身近に感じられて面白いですねぇ。
使い方を想像出来るものもあれば、どんなシーンにどうやって使うのか想像もできない奇っ怪なものまでイロイロ。インドの武器なんかもそうですけど、なんというアイデアの宝庫なんでしょうか!(笑)

そこで出くわしたのが、「塞門刀車」。

塞門刀車 
 と・・・トラ?!(笑)

実物も、こんなにトボけた顔なんでしょうか?!ファンシーすぐる!
城門を打ち破って突入するためのものらしいですが、こんなのにやられた日には死んでも死にきれないのではないかと(笑)。獅子舞の獅子も可愛いですし、中国人って怖い物系のデザインが苦手なのかなぁ?


閑話休題。。。

剣術・刀術剣術・刀術 (中国武術基礎練習シリーズ)

こちらは剣術のアンチョコとして古本を買い求めたんですけど、発送直前に不備が見つかったとのことで代金払い戻しのうえに無料で届きました。うぉ~なんか猛烈に得した気分!!(偉いぞ!eブックオフ!)
蔵書印とか、ちょっとだけアンダーラインの書き込みがある程度なので、套路の確認用には問題ないっす!(ってか何で最初の3ページだけ書き込みしてあるのか?)

先日書いた“中華なフサ”の謎を探るつもりが、なんだか大幅に脱線しちゃったなぁ・・・。


テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。