スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

難しさの質が違う

本日は、フィットネスジムにて、カンフーフィットネスの日でした。
しかしこのところ先生の「本気度」が微妙に上がっているのを感じます、これは長拳方面へ向けての伏線があるのか?軽いスタジオメニューに見せかけて、実はかなり濃い内容の指導です。

長拳(カンフー)のスピードとテンポだと、思ったように馬歩や弓歩を決めるのが難しいなぁ。
ちょっと前まではあまり意識していなかったんですが、最近になって注意が行き届くようになったのかもしれません。それと呼応するように、先生の指導がビシバシ入りまくります。
うむ~っ、さすがよく分かっていらっしゃる!
長拳って全体的な動きを覚える難易度は低いんですけど、キレの良い過渡動作や、ビシッと決まった定式を完成させるのはほんとに難しい!太極拳だとモーションに意識を集中する余裕時間があるんですけど、瞬間が勝負という長拳では悠長に構えてられないので動きの「」の部分から正して行かないと駄目ですね。逆にこの強力な矯正力は、太極拳でも役立ちそうです。

先ずは低速度から自主トレをして、段々と速度を上げて行ってみようかなぁ?

スポンサーサイト

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。