スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長拳用の剣

長拳の剣ここ最近探していた長拳用の剣」を、やっとこさ手に入れました。

結局、今回も教室の先生を頼りにしましたが、いつもの中国直輸入と違い、こちらは国内のショップからの取り寄せ品です。
響剣ではないんですが、剣身が薄いので突くとかなり“しなり”ます。薄さの他にも小振りな剣柄など各所が軽量化されていて、太極剣の約380gに対して、こちらは約300gとなっています。

たった80gなんですけど、剣柄寄りのバランス位置の違いなどもあり、体感的には倍ぐらい違うように感じます。 特に剣身の慣性の少なさは、振り出し時の速さや切り返しなどで大きな違いになると思います。しかし剣の重さの勢いを利用して回せないので、その辺りは難易度が上がってしまうかも。薄くなった分、落として曲げてしまうのにも注意しないといけませんね・・・。

まさしく諸刃の剣。 

長拳の剣 この剣はこちらで取り扱っている「バリュー剣」です。今回は木目を生かしたデザインのもので、剣鍔や剣頭は柄にかかる部分まで一体化した真鍮製となっています。シンプルな構成は剣柄の端がリング状に別れているものよりも、締め込み強度や耐久性の点でも有利だと思います。
表演武術での実戦使用に耐えるものという点では、玄人筋の評価が高いらしい。以前の日記でもピックアップしてはいたんですが、現物を見ないと不安だったんですよね。ふむふむ。


太極剣との比較 
初代マイソードの太極剣と比較するとこんな感じです、全長も少し短くなっています。剣鍔付近での剣身の厚さは同じぐらいですが、剣尖付近では太極剣比で1/3ぐらいの厚さ、比べて見るとペラペラに薄い感じがします。

どちらもアルミ合金(超々ジュラルミン)ということでヤング率は同じなので、板厚による剛性の違いには凄いものがあります。長拳用はちょっと突くだけでピーンと10~15cmは先がしなります。

長拳の剣そして今回も、お約束の分解調整

分解は内部のクリーニングと、接合部のチェックも兼ねています。まだ剣柄の微調整はしていませんけれど、それほど必要性も無さそうです。開けて見たら、予想外に木工部の仕上げが良いんですよね。
名前は「バリュー剣」でも、このクラスが実質的に一番使える剣かもしれません。
とかなんとか、「長拳」ものを集めまくってますが、これには・・・いや、バラすと(剣じゃなくて話を)マズいので、今は黙っておきます。 むふふふ

重量の軽さ故に前述のようなハンドリングの難しさもありますので、ここしばらくの練習は太極剣がメインになるかと思います。 (下手に落とすと被害甚大なので、もうちょっと巧くなってからね)

マイ剣
剣の手入れ
はじめての格闘技専門店
太極拳用具・カンフーグッズ販売 中国武術プロショップ・jp.武縁堂

スポンサーサイト

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

分解

するとは思ってたけど、これまでも分解してるし・・・
当分眺めて、むふふ・・・ってするん?
使ったらいいのに。それにしても本当に軽かった<これ

Re: 分解

軽さと引き替えの難しさがあるけど、初心者にはどっちが良いだろう?
太極剣の方も苦にはならないけど全体の動きのキレは、長拳用の方が良くなるかもしれないなぁ。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。