スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見た目も変化したみたい

本日は、週なかば武術三連チャンの第1日目、太極拳の日。

先週のこの状態から、爆笑と物議をかもしたこの練習を経て、外見的にも歩法がひと皮むけたみたいです。もう笑わせないぜ、というかこのところ先生が本領を発揮しだして、ツッコミが凄いんですけど・・・。最初は猫をかぶっていたのね(先生ご本人は犬好きですが)。
虚歩へと至る動作という意味では、「白鶴亮翅」や「海底針」など通じる部分がありますが、主観的には座り込みそうな勢いで思いっきり腰を落とし込むぐらいで丁度良いみたいです。
そうするとちゃんと虚歩の状態になって来てくれるんですよね、これを逆回転にすると「雲手」のときの動きになりますし、もうちょっと頑張って定着させると太極拳全体に良好な影響がありそう。
高さは低く、踏ん張りは強く、ステップ位置のイメージを浮かべながら滑らかに・・・。

少なくともある程度は上達できることが分かって来たので、一旦下手になることがあっても、引いた潮がまた満ちるように、今日到達した部分まで戻すのは可能ですからね。ちょっと希望が出て来たかも?

太極拳の後には、剣術や長拳の自主練習。
長拳の「仆歩」の歩型が、なんとなく分かりつつあるのも収穫かも?!太極拳の方もそうですけど、動作の形を真似るんじゃなくて、その型が出来上がるプロセスを身につけるというか。そういうところに踏み込んで行きたいです、ハイ。

スポンサーサイト

テーマ : 武術太極拳 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。