スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘブン・アンド・アース 天地英雄(映画)

ヘブン・アンド・アース 天地英雄 
唐の時代、西域に一人の日本人がいた・・・。
渋く、やや地味に、だけど力強い殺陣のアクションから始まり、捕物帖の一種になるかと思ったら・・・。西域を舞台にした、「西遊記の帰り道」ともいえるお話なのでありました。意外にもファンタジー要素もあるのがサプライズでしたけど、これは見る人によっては「えっ?」と戸惑うかもしれませんね。なかなか神秘的で良いのですが。

中井貴一が剣を振り回してすごく動けているのが意外、というか格好いいです!だけどここまでやるのは大変だったでしょうねぇ。望遠多用でカラミの戦闘は少ないですが、それがかえってスピード感を強調してると思います。

それにしても、フー・ピン監督は西域の沙漠風景を描かせると天下一品だなぁ、エキゾチックさや、乾いた空気とひんやりとした日陰、そんな土漠の匂いまで感じそうです。
物語の中盤以降は、広大なゴビ砂漠をさすらうクエストが展開するのですが、ロードームービーにも通じる移動感や距離感には、冒険的な旅情さえ感じますねぇ。
自分で歩くとこんな場所は大変すぎますけど、映画のなかで見ると実にロマンチックです。

序盤には監督の過去作品である「双旗鎮刀客」に出て来た少年刀客ハイコーのような少年が出て来ますが・・・途中であっさり退場。最後まで出て活躍して欲しくもあったんですが、これは過去作品へ捧げたキャラだったのかな?素朴な感じがなかなか萌えますw

そしてドライな物語の作風も、これまた監督の持ち味なんでしょうね。実にサバサバとしていて湿度の低さが心地よいです。本作のような漢たちの因縁や友情を描くと、ヘタをすると男くさくて脂ぎった映画になってしまうんでしょうけれど、この作風のおかけでスパイシーだけど実に爽やかな味わいになっています。
ほぼ唯一のヒロインである「文殊」を演じるヴィッキー・チャオも、美人・麗人というよりはチャーミング系。これもまた監督の好みが出ているのかもしれませんね。終盤の戦闘では甲冑姿で結構活躍してくれて、これも見所のひとつかな?と思います。

そんな、道連れの人々の辿る旅路が行き着くところは?タイトルの「天地英雄」の意味とは?
そのちょっとファンタジックで、スピーディーな展開がこの監督っぽいな~と思いましたねぇ。このラストシーンだけは、もうちょっと湿度があっても良かったかも。漢の友情と望郷の想いに感動できます。

ヘブン・アンド・アース/天地英雄 @ 映画生活
映画 ヘブン・アンド・アース - allcinema
へっぽこ武芸帳 太極拳・太極剣 双旗鎮刀客(映画)

スポンサーサイト

テーマ : 武侠映画 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。