スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本年ラストの長拳講習会

今日は、おなじみ中村先生の講習の日です。はじめての参加が今年の3月でしたけれど、また寒い季節が巡ってきてもうすぐ1年経つんだな~なんて思いながら体育館へ。1年前はこんな身近で長拳(カンフー)の練習会をやっていること自体知らなかったですけれど、始めてみると「上達とかは別にして、始めるためのハードルって意外と低いんだなぁ」と思いました。

午前は長拳、午後は剣術の講習。
先日、ジムのカンフーフィットネスで剣を体験していた方がさっそく練習会にも参加してました。こうして知った顔の参加者が増えると嬉しいです♪

長拳・剣術ともに、もうすっかりおなじみの套路なので、その面では余裕があります。ですので大まかなところは自然と体が動くのにまかせて、もうすこし解像度(感度?)を上げて動作の自己チェック。姿勢や動作がいまどうなっているかを意識して動いてみると、改めて難しいところや注意深く張り詰める部分が出て来たりします。たとえば、拳は肩が上がらないように、下から上に打ち出すようなイメージで、垂直方向は反り返っているんじゃないかとも思える角度で。そういった「外から見た正味の動き」をある程度思い浮かべながら動けるようになってきました。

ある程度初歩は出来ているせいか、時折入る中村先生の指導も少し突っ込んだ内容になってきました。うむ~、ちゃんと動きの様子を見てチェック入れられているんですねさすがプロ。
だけど大雑把では済まない分、動作のコントロールは難しいものがあります。迷ったら基本に立ち返って考えてみたり、先生をつかまえて質問をしてみるのがやっぱり有効ですね。

スポンサーサイト

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。