スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別角度から

本日はO先生担当にて太極拳、師匠はなぜか後ろで孫の世話です。なんという平和な光景(笑)。

O先生からは定式に主眼を置いた指導を受けることが多いですが、前の機会には歩法の股関節の使い方をちょくちょく指導受けました。今回は、「左右穿梭」の弓歩での注意点、「攬雀尾」での姿勢や引き込む動作のときにおける腕のこと、「転身搬欄捶」での主に上半身の動きなど(右腕で受け流して、左で押さえて、右の拳を出す)。普段とは違う切り口での話が出て来たのが良かったです。

この辺りは、2級検定でも出ますよ。
ということで、24式後半を少し深める助けになったと思います。なるべく忘れないように、体格に合わせたステップ(歩法という意味での)をうまく工夫して、アドバイスに沿った定式の動作を満足できるようにしたいです。いろいろ試してみて、ベストな動作を繰り返してみるしかないですね。実はそれが一番上達への近道ですし。
スポンサーサイト

テーマ : 武術太極拳 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。