スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対剣練

本日は、張成忠老師の講習会に行ってきました!
内容は、昨年末から続いている「対剣練」の3回目です(その前の推手とあわせての回を入れると4回目?)。

最初は「対剣練って何ぞや?」という感じで、どんな風にしたらいいのか見当が付かなかったんですが・・・前回あたりで突如ひらめきました。「あ~これは中華風のチャンバラ(殺陣)じゃないかー!」と。
そう考えると、取り組みやすいんですよね!これはもう、好きな武侠映画でお馴染みのアクション世界ということで、武術の基礎的な理解も大切ですけど、それと同じくらい大切なのは「ノリ」でしょう。
あの剣と剣をまじえる戦いのリズム感とか動き、そういうのを出せたらいいな~と頑張ってみたら、張老師&I先生の寸評も意外と高評価でした。うむコレダ!
本日は更に新しい動作が盛り込まれて、動作している時間としては倍ぐらいになりました。これで半分ちょっとらしいですが、完成形が楽しみですね。映画だとかなり長めのカットか、5~7ショットに分けた一連の動作に相当するぐらいのボリュームになりそうです。

やっぱり好きなんでしょうかねぇ、こういうものは憶えやすいですし。映画のワンシーンの動きを真似てパクってみたりとかもしているので、そのお陰かもしれません。これなら俳優業でもいけますな(笑)。なんて言っていると、「太極拳しろよ」と言われそうですね。すみません(汗)。
スポンサーサイト

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。