スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どういうシーンかを想像して

エア武術たる表演武術って、対象が見えないだけに難しいんじゃないかと思うことって多いです。
いろんな動作をしていても、それが一体どんなシーンでこちらの身体のどこにどういう力が掛かるのか、そしてそれにどう対処しているのかなかなか分かりづらいものがあります。
日常でよくある動作ならまだしも、未体験の動作(所作)をしているわけですからこれは難しいです。

なので今日はなるべく対象を想像しながら戦っているつもりで動いてみました、見た目の出来はともかく。これらのポイントって、先日の長拳検定でも先生から指摘を受けたんですけど、ホントどんなモンか想像が付かないのが辛い。実戦として相手の居る動作っていうのを一度体験してみたいもんですねぇ、もの凄く得られる情報って多いと思うんですが。そういう、フィードバックが欲しいですね。

いまの状態は、教習所にあるハンドルがスカスカのドライビング・シミュレーターみたいなものかも。あれで「ちゃんとした運転動作を再現」するのはかえって難しいですよー。演武ってリアルよりも、「らしさ(美しさ)」なのかなぁ?そんな先まで考えを巡らしてみるとますます混乱。ゴール設定はどうしたらいいんだろう?
スポンサーサイト

テーマ : 武術太極拳 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。