スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットボトルを頭に載せて

頭に載せた物が落ちないように動くと、太極拳での身体の姿勢とか歩法の重心安定の練習になるらしいです。
そんなわけで今日は、「歩法」と24式の「起勢」から「手揮琵琶」までの動作の練習タイムにて、頭にペットボトル(お茶入り)を載せて練習してみました。意外と落ちないもんですよ~、載せたまま太極拳してもOKです!たぶん「収勢」まで行けます。
この方法って、お茶を飲んじゃってボトルが軽くなると難しくなってきます。水を満杯にした練習専用ボトルがあった方がいいかも?(水の量で難易度を調節できそう)

でも、ちゃんと動作できていたかは不明です(笑)、しかも別の問題点や弱点が出て来るかも?う~む~

こういう「奇策」を試してみるのも運動オンチ故なんですよね~っ、人の2~3倍は練習しないと駄目だと分かってきましたから。「倍」っていうと大変なようですけど、根を詰めて一気に倍というのではなくて、2倍の時間(期間)をかけてゆっくり進んで行こうという発想で充分ですよね。難しいことはしないで、楽しくゆっくりと行きたいです。
スポンサーサイト

テーマ : 武術太極拳 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。