スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリーン・デスティニー(映画)

グリーン・デスティニー

『グリーン・デスティニー』好きです。
横文字のタイトルですけど、原題は『臥虎藏龍』。正当派の中華な武侠アクション映画です。

物語の縦糸としてはリー・ムーバイ(チョウ・ユンファ)と、ユー・シューリン(ミシェル・ヨー)という男女二人の武侠が織りなす大人のドラマが深みを与えていて、単なるアクション映画で終わっていないのが良いですねぇ。二人のやりとりは、いろんな暗喩にも満ちていて、静かな会話劇にも心に染み入るものがあります。その辺がアカデミー賞・外国語映画賞のポイントとなったんでしょうか?
そして横糸である活劇の流れはイェン(チャン・ツィイー)の苦悩とその開放を求める物語という感じでしょうか。盗賊のロー(チャン・チェン)との出会いも、鮮やかで印象に残っています。砂漠の風景が美しいなぁ。
それぞれ立場は違えど、背負ってきた過去と、運命からの決別の戦いという部分は共通しているんですよね。それを結びつけているのが、碧名剣(グリーン・デスティニー)という四人の物語なんですよね。

でも往年の武侠映画好きとしては、碧眼狐を演じるチェン・ペイペイも見逃せません!若い頃は颯爽とした少女剣士を演じていたので、この映画での敵役である碧眼狐にもそんな時代があったのかなぁ?なんて想像すると、彼女が歩んできた運命にも同情してしまう部分もあります。

アクションは最初から最後まで剣劇が凄いんですが、剣術をかじり始めてから色々な見所に溢れているのを改めて発見しました。映画の殺陣ってよく練られていますね、ちょっと動きを真似してみるだけでもカッコイイ!いや、現実世界では城壁側面を走ったり、二階まで飛んだりは出来ませんが(笑)。


グリーン・デスティニー@映画生活
グリーン・デスティニー - goo 映画
映画 グリーン・デスティニー - allcinema
グリーン・デスティニー - Wikipedia

スポンサーサイト

テーマ : 武侠映画 - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。