スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推手(映画)

カンフー映画や武侠映画だけじゃなく、たまにはこういう作品の感想もブログに書いてみたりして…。『グリーン・デスティニー』のアン・リー監督デビュー作、劇中に太極拳教室の登場する映画です。

推手

年老いた父・朱老人を中国大陸から米国に呼び寄せた息子アレックス、しかし家庭では息子の米国人妻と年齢や言語習慣の違いから軋轢が発生してしまい孤立する父、そして老人として中国人として新たな人生を拓いて行く・・・。
中国人的な親子観や人情に、近い物を感じたり異文化を感じたり。だけれど世代間の物語としてはすごく分かる部分が多いです。悲劇かもしれないですが、その陰を陽へと転じて生きて行く力強さが暖かいタッチで描かれているという印象を受けました。まさに太極拳のような生き様です、格好いいなぁホント。
台詞は少なめで、静かでゆったりとした流れの中に映像の感触やテンポをじんわりと感じさせるというものですが、これがアン・リー監督演出のベースにあるものなんですね。

劇中には、朱老人がボランティアで指導する中国人クラブでの太極拳教室が登場するのですが、なんだか親しみの持てるシーンです。日本の教室と殆ど同じなのが面白いですねぇ。見ていて「あれ?ちょっと套路の流れが違う!」と思ったら、48式をやっているみたいですね。タイトルにもなった推手を採り入れているところといい、レベル高いなぁ!
シャドウボクシング的な普段の練習と違って、推手って相手に対してどう動くべきか見えやすいかもしれないので、基本を飲み込んだらいつかやってみたいなぁ~!

朱老人の部屋にて、壁に吊した剣と軸がシンプルで格好良かったので、インテリアとして真似してみたいです。

推手 @ 映画生活
推手〈すいしゅ〉 - goo 映画
映画 推手 - allcinema

スポンサーサイト

テーマ : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆ - ジャンル : 映画

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。