スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

剣の手入れ

わが愛剣ですが、購入当初はちょっと精度の荒いところもありましたので(うむ~やはり中国製、でも重量バランスが良いのはさすが本場)、一度完全にバラして組み直しました。愛着もわきますし、機械いじりにも通じる面白さですね。
剣は剣首のナットを外すと簡単に分解可能。剣首端ナットとの間にワッシャが入ってます、剣柄に掛かる横力を逃がすためと思われます。なにしろ振り回す道具ですから、ミニレンチを常に携帯して時々締め上げるようにしています。

剣オーバーホール 剣柄にちょっとガタつきがあったのは、接着剤と絶縁材を挟んで組み直した後、剣身の磨き上げの後、ナットの締め上げ方で修正しました。欲を言えば剣格との間にも滑り止めのスペーサーを入れたいなぁ。
鞘の方もいろいろと微調整しましたけど、こっちは傷が増えてきたら再塗装したいですね。超々ジュラルミン製剣身の傷は、研磨したあとバフ掛けするしかないかな?
剣穂の留め方をこの機会に、剣首掛けに変えてみました。ブンブン回したとき、いい具合です!
こういうのってメカとか銃器みたいなもんで、オトコノコのロマンでもありますよね♪

いまのところテーピング等、剣柄の滑り止め対策はしていないんですが、こちらもまた後に手がけてみるかもしれません。練習用に使っているから段々と実用本位にゴツくなってきそうなんですが、「飾る用」に優美な剣も一振り欲しいですねぇ。
スポンサーサイト

テーマ : 中国武術 - ジャンル : スポーツ

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。